RISS 학술연구정보서비스

검색
다국어 입력

http://chineseinput.net/에서 pinyin(병음)방식으로 중국어를 변환할 수 있습니다.

변환된 중국어를 복사하여 사용하시면 됩니다.

예시)
  • 中文 을 입력하시려면 zhongwen을 입력하시고 space를누르시면됩니다.
  • 北京 을 입력하시려면 beijing을 입력하시고 space를 누르시면 됩니다.
닫기
    인기검색어 순위 펼치기

    RISS 인기검색어

      검색결과 좁혀 보기

      • 좁혀본 항목

      • 좁혀본 항목 보기순서

        • 원문유무
        • 음성지원유무
        • 원문제공처
        • 등재정보
        • 학술지명
        • 주제분류
        • 발행연도
        • 작성언어
        • 저자

      오늘 본 자료

      • 오늘 본 자료가 없습니다.
      더보기
      • 무료
      • 기관 내 무료
      • 유료
      • KCI등재
      • KCI등재

        三島由紀夫の戯曲二篇 - 󰡔サド侯爵夫人󰡕と󰡔わが友ヒットラー󰡕の比較考察

        崔殷景(최은경) 일본어문학회 2006 일본어문학 Vol.32 No.-

        '스콜라' 이용 시 소속기관이 구독 중이 아닌 경우, 오후 4시부터 익일 오전 7시까지 원문보기가 가능합니다.

      • KCI등재

        三島由紀夫『春の雪』論 - 「男の物語」における女たちについて

        崔殷景(최은경) 일본어문학회 2006 일본어문학 Vol.34 No.-

        '스콜라' 이용 시 소속기관이 구독 중이 아닌 경우, 오후 4시부터 익일 오전 7시까지 원문보기가 가능합니다.

      • KCI등재

        禁忌の性、覗き見る男 - 三島小説を中心に -

        崔殷景(최은경) 일본어문학회 2008 일본어문학 Vol.40 No.-

        '스콜라' 이용 시 소속기관이 구독 중이 아닌 경우, 오후 4시부터 익일 오전 7시까지 원문보기가 가능합니다.

      • KCI등재

        하야시 후미코(林芙美子) 『뜬구름(浮雲)』론

        최은경(崔殷景, Choi, Eun-Kyung) 일본어문학회 2009 일본어문학 Vol.45 No.-

        '스콜라' 이용 시 소속기관이 구독 중이 아닌 경우, 오후 4시부터 익일 오전 7시까지 원문보기가 가능합니다.

        本稿では林芙美子の『浮雲』(「風雪」1949年11月~50年8月、「文学界」1950年9月~51年4月連載)における空間に注目してみた。まず、今回の上編では二つの空間、すなわち国外のダラットと国内の東京に焦点をあてて考察した。戦中に男女主人公が巡り合う仏印のダラットはまるで「楽園」のように印象づけられていた。外は戦争の真っ最中であるのにも、そこには静かで平和な時間だけが流れており、ある意味閉鎖空間として造形されていた。特にダラットはゆき子と富岡にとっては世の中から自分たちの愛と欲望とが守られる空間、一種のアジールであった。しかし、戦後になり日本へ引揚げることになった二人は悲惨な生活を余儀なくされる。彼らの三年間の不在は日本における時間の連続性の困難を與え、未来への展望不在としてあらわれた。戦中ダラットでの記憶は戦後日本の日常を妨げる要因になった.いわば、蜃気楼のようなダラットの幻影は敗戦した日本と引揚者の悲惨を浮き彫りにしていたのである。このように、『浮雲』では戦争をめぐる国内外の空間が描かれており、登場人物の内面と行動に多大な影響を及ぼしている空間は男女の相違点はあるにしろ、彼らの運命とも関連していることがわかった。

      • KCI등재

        엔치 후미코(円地文子)『꽃 먹는 노파(花食い姥)』론

        최은경(崔殷景),(Choi, Eun-Kyung) 일본어문학회 2012 일본어문학 Vol.59 No.-

        '스콜라' 이용 시 소속기관이 구독 중이 아닌 경우, 오후 4시부터 익일 오전 7시까지 원문보기가 가능합니다.

        本稿は円地文子の花食い姥を「女の老い」というテーマで考察したものである。作家のペルソナとも言える「私」は体力と視力の衰えで老いをしみじみ感じている年寄りである。そんなある日、まるで幻影のように「老女」が現れ、自然に彼女に引かれて夢幻的世界を経験する。これによって「私」が感じる老年の不安がにじみ出てくる。作中「私」は少女であった過去にも老女になった現在にも自分の欲望を表わすことなく固定観念の持主として描写されている。それは「私」は強烈な欲望のゆえに赤い花を食う隣の「老女」を気味悪い視線で見ていることからもわかる。「私」が「老女」にもった不快感は欲望の積極的な表現、自分には慣れない挑発的で濃艶な行為からくるものである。一方、最近「私」は初恋の相手の死と彼の遺品である昔「私」が彼に送った恋文をもらう。これを機に「私」は日常で突然若かった過去の幻影と向かい合うことになる。ここで過去の幻影は老いに対する危機感と「生きることの限界」という死に対する恐怖が交差するところで登場してくる。すなわち、「私」は死と近い老いを切実に認識しているからこそ過去にこだわり、過去の思いから発生した魑魅魍魎に苦しむことになる。そして「私の内なる魑魅魍魎」が生み出した「花食う姥」の幻影は抑えていた欲望から解放され、自由になりたいと願望するもう一人の「私」であるといえる。

      • KCI등재
      • 生長調節物質이 獨活 ( Aralia continentalis Kitagawa ) 의 Callus 誘起 및 器官分化에 미치는 影響

        崔銀京,朴鶴封 전북대학교 농업과학기술연구소 1991 農大論文集 Vol.22 No.1

        These studies were carried out to establish the method of Aralia continentalis Kitagawa in vitro culture. The hypocotyl and cotyledon tissue of Aralia continentalis Kitagawa were cultured on the Murashige and Skoog's basal medium (MS) supplemented with various concentrations of 2,4-D, BA and Kinetin. Calluses derived fun hypocoty] and cotyledon segment were innoculated into MS basal medium contained with various concentrations of Thidiazuron and Kinetin for shoot differentiation. The calluses were remarkably formed on the medium supplemented with 1mg/1 2,4-D only and 1mg/1 2,4-D plus 0. 1mg/1 BA and Kinetin respectively. The fraible milky calluses were formed on the medium with 2,4-D and the light greenish solid calluses were formed on the media containing 2,4-D + BA and 2,4-D + Kintin. Shoots were differentiated from the calluses on the media containing 0.5㎛ Thidiazuron after 4 weeks in culture. The calluses were proliferated vigorously and turned brown much slower on the media with Thidiazuron only compared with the media containing Thididazuron Plus Kinetin. The multiple shoots were produced on the media supplemented with 5.0㎛ Thididazuron only, but their stems grew very slow. Chemical name used : (2,4-dichlorophenoxy)acetic acid (2,4-D) : N-(2-ruranyl methyl)-lH-purin-6-amino(Kinetin) : N- (phenylmethyl) - lH -purine-6-amino(BA) , N-phenyl- N -1,2,3-thidiazol -5-ylurea(Thi diazupon).

      • KCI등재

        逆說の劇 -三島由紀夫『サド侯爵夫人』を視座にして-

        최은경 한국일본근대학회 2006 일본근대학연구 Vol.0 No.12

        三島の小說には緻密ですぐれた心理描寫が施されており、「明らかな形」をとってあらわれている。ところが、三島が小說とは違って科白だけで進行していく戱曲という形式を通しては、何を表現していたのか。本稿は三島が求めていた「明確な形」とは、戱曲『サド侯爵夫人』にはどういうふうにあらわれているのかを考察してみた。まず、この劇の舞台となるサロンは時代の變化とルネの變貌する狀況の現場として動いており、優雅な舞台裝置とは相應しくない人物間の下品で醜惡な會話によって逆說のイメ―ジが强調されている。ところが、登場人物たちが使う言葉の中には、二律背反したアンビバレントな二元の要素が含まれており、それらは對立しながらも、また新たな意味を生み出している。 そしてこの戱曲が女性劇であることには注目していくべきである。六人の「女」たちが劇中に登場してこないサドをめぐってそれぞれ對立している。最後まで姿を見せないサドは、彼女たちの言說によって具象化されていく。六人の「女」たちはサド像を浮かび上がらせるための陰畵としての役目にすぎないのか。『サド侯爵夫人』は登場している女性によって不在のサドが浮上してくるというよりは、不在の「男」によって「女」同士の對立が明確になってくる逆說的なものとして成り立っている。こういう『サド侯爵夫人』における逆說の含意こそ作者三島が戱曲に求めていた「明確な形」であろう。逆說の劇は、女を語ることのない女性劇として登場してこない「男」を形作っていく。つまり『サド侯爵夫人』には、作者三島の晩年における思想が貫流しているといえよう。

      • KCI등재
      맨 위로 스크롤 이동